12月の大切な失恋の思い出

12月の大切な失恋の思い出

私はこの季節になると少し思い出すことがあります。
それは去年あった出来事のおはなしです。
私は6年間もの間付き合い、婚約までしていた彼女にフラれました。
ただ、6年間の中で何度か、別れてはよりを戻して、
なんてことも繰り返していました。
ですが、今回は完全に縁を切るかたちの、もう戻ることのないお別れでした。
当時は正直なかなか立ち直れなく、また吹っ切ることが出来なく
毎晩一人で夜景の綺麗な川へ行っては、
途中のコンビニでお酒を買って、飲んで酔いつぶれていました。
そして、音楽プレーヤーから失恋ソングを選曲しては
イヤホンをし大音量で聴き、わざと泣ける方向へ自分を持って行きました。
何だかその方が悲しい気持ち、虚しい気持ちまでも
涙と一緒に流れ出てくれるような気がしたからです。
あ、因みにですが、冒頭で「この時期になると〜」と書きましたが、
そのまんまで、12月にフラれたのです。
6年間もの思い出はそう簡単に割り切れるものではなく
ただただお酒に酔って涙を流すことしか出来ないほどボロボロでした。
ですが、今となっては、そのフラれた人にはとても感謝しています。
何故なら、たくさんのことを共に経験してくれ、
いつも心から支えてくれていた人だったからです。
そして、そのお陰で今こうして前向きな自分がいますから。
人間は色々な経験をしてこそ成長していくものだと思います。
その人にはその成長の種をたくさん貰えたと感じています。
まぁ、当然ながら今私がこうして考えられるようになったのも
『時間』という名の、心のお薬があったからです。
そんな私の12月に入って、冷たい風の青空の下で
フと思い出した、失恋に関する大切な思い出でした。

 

復縁成功者を出している復縁マニュアルの実態を知ろう!〜

12月,大切,失恋,思い出  

12月,大切,失恋,思い出遠距離恋愛からの復縁
26日間の記録